園の日常

チューリップの球根を植えました🌷

ひまわり組さんがチューリップの球根を植えてくれました♪

「さくらさんが小学生になって、ひまわり組さんがさくら組さんになる頃にチューリップが咲くんだよ」と

話をすると、「じゃあ、新しいお友だちがこども園に来るね!」

「小さいお友だちもお兄さんお姉さんになる!」と入園、進級を想像していたひまわり組さん。

「チューリップが咲いていたらうれしい気持ちになるね!」

「こども園に来たくなると思う!」

とそれぞれがどんな気持ちで植えようか考えていました!

 

玄関で子どもたちは球根を手にして、

「固い!」「ここが芽でここが根っこ?」とよーく観察していました。

やさしく土を掘って丁寧に球根に土をかぶせてあげていたひまわり組さん。

「芽が空に向くようにすればいいんだよね!」「雨で流されないように深く植えよう」

「僕のは紫!」「私は咲くまでのお楽しみ!」と開花を心待ちにしている様子でした♪

チューリップが咲くころには、はるまちこども園で一番のお兄さん、お姉さんだね!

そして、お花屋さんが来てくださり、すてきなビオラを花壇に植えていただきました。

はるまちこども園の玄関を彩ってくれています♪

-園の日常

© 2021 はるまちこども園